資格を取れば明日からでも整体師にることが可能

整体を学んで開業する

勉強

スクールの様態はさまざま

整体師は医療関連の資格の1つですが、正確には代替医療であり、資格も医師や柔道整復師などと異なり民間資格となります。極論すれば、無資格でも整体師を開業することは可能です。ただ、患者側にしてみれば自分の身体を委ねるわけですから、技術が未熟な者やきちんとした理論に基づかずに施術を行っている者などは信頼を得られません。開業を目指すなら、養成学校等で専門知識をしっかりと学び、認定資格を得ておくのが賢明です。整体師を目指すための学校は全国に存在しますが、カリキュラムの内容等にはかなりの違いがあるため、進学先を選ぶ際はそれぞれの特色をチェックする必要があります。学校選びの際にまず重要なポイントとなるのは、学習期間です。専門学校で正式に学ぶのであれば、学習期間は2年間となるのが一般的です。ただし学校によっては1年間程度の速習コースを設けているところもあります。また、私設の養成スクールなどでは6か月程度の短期講習で修了できるケースもあります。期間が短いほど総費用が安く済み、仕事を始められる時期も早まりますが、当然ながら学べる内容は限られてきます。また、取得できる資格の種類も選定ポイントとなります。整体師の資格は複数あり、誰でも受験できるものもあれば、指定された学校を修了しないと受験資格が得られないものもあります。それぞれの認定団体に関する情報を収集し、まず就職に強そうな資格を選んでから、その取得に適した学校を選ぶというのも1つの手です。