資格を取れば明日からでも整体師にることが可能

施術

知識と技術を高める教材

整体師の資格を目指す場合、様々な方法があります。独学や学校を活用等、選択肢は多いです。資格取得には知識が必要で、学校に通っていても習得しにくい事も多いです。初心者から学んでる途中の人にも、復習や考えを整理するのに、市販の教材は最適です。

治療

整体の知識と技術を学ぶ

整体師の資格を取得することで、整体に関する知識とテクニックを持っていることの証明となることが注目されている理由のひとつです。また、近年は女性にも注目されており、美容面から整体が注目されていることや、比較的勤務時間に融通がきき、育児や家事と両立しやすい、という点が注目されている理由といえます。

プロとして信頼されるため

手

専門技術を学んで

整体師は法律で決められた資格はないため、極端に言えばどなたでも整体師と名乗ることが出来ます。しかし、プロとして働き収入を得るためには、技術や人の身体のしくみなどを学んだ人のほうが信頼されるというメリットがあります。そこで、整体師を目指すために一般的なのがスクールに通って資格の取得をすることですが、先ほどもお伝えしたように、整体師には国家資格はありません。そこで民間の資格を取得することになりますが、骨盤や関節の歪みをなおすものや、カイロプラクティック、セラピストなどさまざまなものがあります。民間の資格といっても、知識や技術を身につけたという証ですので、自分が学びたい資格が取得できるスクールを選んでください。資格取得後はたとえば、けがをしたスポーツ選手のマッサージを行うなど、スポーツ業界に関わる仕事もできます。自分で整体を行う治療院を経営することも可能ですが、フリーランスとしてスポーツチームや選手などと契約ができる場合もあります。また、高齢化がすすむ現代では、福祉施設や老人ホームなどでの需要も高まってきています。2000年に導入された介護保険制度によりNPOや民間事業者が参入できるようになったため、これから活躍できる場所や働くチャンスも増えていくでしょう。最近では女性の整体師もヨガのインストラクターやリラクゼーションを目的としたサロンなどで活躍しています。整体師というと医療業界だけのものというイメージもあるかもしれませんが、美容業界でも資格を活かせるメリットがあります。

勉強

整体を学んで開業する

整体師は代替医療の1つである整体を業とする職種です。公的な資格はありませんが、専門学校等で学んだ後に民間の認定資格を取得すれば、専門家としての信頼度が高まります。カリキュラムや学習期間は学校によってさまざまです。